千輪仕立(センリンジタテ)

千輪仕立

千輪仕立

千輪仕立

写真をクリックまたはタップすると、大きなサイズでご覧いただけます。
「千輪仕立ての部」より。柵越しなので伝わりにくいが、一本の苗からきれいに咲き揃っている。

撮影場所:第69回 名古屋城 大菊大会


「千輪仕立の部」案内。古びて読みにくいので、文章をここに転記。
一鉢が出品単位です。
大株立同様一株でできるだけ多くの花を咲かせるように仕立てますが、添え竹や竹・針金をもちい小判型・船底型・半月型等種々な造形を演出できます。
大きいものは一株で三メートル程にも広がり、三00〜四00輪も咲く大作があります。
本大会では一00輪以上花を咲かせたものを千輪仕立と規定しています。

千輪仕立

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。