大菊(オオギク)

菊

写真をクリックまたはタップすると、大きなサイズでご覧いただけます。
「大株立の部」より。

撮影場所:第69回 名古屋城 大菊大会

「大株立の部」案内。古びて読みにくいので、文章をここに転記。

一株が出品単位です。
大株立は花が咲き終わった直後から苗作りを始め、摘心を何回も繰り返して数多くの枝を分岐させ、一株でできるだけ多くの花を咲かせるように仕立てられたものです。
添え竹は一茎一本とし、まっすぐ立て型を整えるための竹や針金の輪は使用できません。
一株で二五輪以上花を咲かせることが必要で、長い栽培技術と高度の仕立技術を要する部門です。

ookabu

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。