火取花(ヒヨドリバナ)

あるいは藤袴(フジバカマ)。

撮ったのは9月~10月。今や種つきの綿毛だが、名前はおそらくというのがわかり、遅ればせで載せる。

火取花

名前については、公園の職員に教わった。植樹でなく自然に生えたため、関係者の中でも意見がわかれたそう。

ヒヨドリバナは形状違いの種類が豊富らしく、葉は三叉でないため、わたしはヒヨドリバナを推すがどうだろう。

ヒヨドリバナという名前には、諸説あることも教わった。こちらについては、鵯(ヒヨドリ)が鳴く頃に咲くからという従来の説でなく、火起こし器に用いられた火取花(ヒトリバナ)がなまった説に賛同する。

綿毛の種が落ち、また来年に花が咲く。かわいいですよねと職員に言われ、とってもと相槌をうった。

火取花

写真をクリックまたはタップすると、大きなサイズでご覧いただけます。

キク科の花。

撮影場所:名城公園フラワープラザ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。