莫邪菊(バクヤギク)

莫邪菊昨年この交差点で見て、今年その名前を知った。5月頃、きらきら光る花を咲かせる。

花だけ見ると菊のようだが、葉は多肉。這性らしく、敷地いっぱいに広がり咲く。莫邪菊

雨曇りの日は花を閉じ、その色がほんのりピンク色。開くと濃い色が部分的に残る。莫邪菊

蕊まわりは冠のよう。莫邪菊

繁殖力が強い外来種のため、駆除対象とされる場合がある。ここはコンクリートで区切られたスポット。植樹もされてないので、手間省きに植えられたのかもしれない。通り向こうも、きらきら咲いている。莫邪菊写真をクリックまたはタップすると、大きなサイズでご覧いただけます。

ハナミズナ科の花。

【関連リンク】
ツルナ科四種|花を愛でる
松葉菊(マツバギク)との違いも。

撮影場所:東片端交差点(Googleマップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。